スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天国で遊んであげて」愛犬の死を悲しむ少女の手紙に“神様”から返事。

以下、ナリナリドットコムより


例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。
しかし、人間よりも寿命の短い動物を飼い始めたら、
いずれ訪れる永遠の別れは定められた宿命でもある。
大人でさえ、その悲しみからうつ状態に陥る人もいるペットとの別れ。
そんな時、周囲の人の手助けがあれば、前向きな気持ちになれるのかもしれない。

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受けて、神様に手紙を送ったという話が
米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。
このエピソードに感動した読者からは、多くのコメントが寄せられている。

このエピソードは、女の子の母親から送られてきたメールを見た記者が
「伝えずにはいられない」と思い、紹介したもの。
それによると、この母親の家ではアビーという14歳になるメス犬を飼っていたが、
先月、病気で亡くなってしまったそうだ。
ずっと一緒に生活を送っていた4歳の娘メレディスちゃんは涙を流し、
「どんなに寂しいか」を母親に訴えていたという。

そして、アビーへの愛情を忘れられないメレディスちゃんは、母親にこんなことを言った。
「神様に手紙を書いたら、アビーが天国に着いたとき、
神様はちゃんと『アビーだ』ってわかってくれるかな」。
母親はメレディスちゃんが話す言葉を書き留め、手紙をしたためた。

その中身は
「神様、アビーがいなくなり、とても寂しいです。どうか天国でアビーと遊んであげてください。
アビーはボール遊びと泳ぐのが好きです。神様がアビーを見つけたとき、
すぐに私の犬だと分かるように、写真を送ります」という内容。
幼いメレディスちゃんの精一杯の愛情が込められた手紙だ。

手紙と写真を入れた封筒には「天国の神様」とあて名が書かれ、ポストに投函された。
手紙が届いたか心配する娘に、母親は「きっと届いたよ」と励ましていたそう。
すると10月27日、家の玄関前に金の紙で包まれた「メレディスへ」という小包が置かれていた。
中には「ペットが死んだ時」という本。そして、そこには“神様からの手紙”が添えられていた。

「親愛なるメレディス。アビーは天国につきました。写真が入っていたので、
すぐにアビーと分かりましたよ。もうアビーは病気ではありません。
アビーはあなたと居るのが好きでした。天国では体を必要としないので、
写真を入れておくポケットがありません。だから、あなたがアビーを思い出せるように、
この本と一緒に写真を返します。素晴らしい手紙をありがとう。
それから、手紙を書くのを手伝ってくれたお母さんにお礼を言ってください」

ニュースバインの記事の最後は
「誰が答えたかは分かっていません。
でも、米国郵便公社の配達できない手紙を扱う部署には、美しい魂があります」と結ばれ、
読者からは「少女とこの犬との愛情を超えるものはない」
「返事を書いた人がとても素晴らしい」
「記事を伝えてくれてありがとう。泣きながら読み返してる」など、賛辞の声が多々寄せられている。





朝からこの記事読んで、一人でこっそり泣いてました
最近涙腺弱くて…

自分のところも子供達の心の教育の為と思い
ペットが欲しいな~とか考えますが、
永遠の別れって辛過ぎだな。。。とか考えちゃいます。

なので実際にペットを飼ってる方達見ると尊敬しちゃうんですよね~


おかしな事件とかが多い時代、子供達もこの記事の女の子のように
心豊かに育って欲しいと思いました。


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←本日もポチッとありがとうございます






スポンサーサイト
コメント

No title

こんばんゎタツさん。いや~やられましたv-406この記事に・・私もお恥ずかしい話ですが、涙腺の異常に最近、気付き始めた一人です。なんなんでしょう・・つい10年前にゎこうゆう記事にヒットしなかったんですが・・そうゆう年頃なんですかね。笑い・・ またこういった記事を取り上げてくださるタツさんもステキっすv-414

No title

こんばんは!

うるうるしているタツさん!目に浮かびます。(笑)

余計なお世話とは思いますが・・・・私事で!!
我が家にも、この4月から生後2ヶ月のワン君が
家族の仲間入りしました。

結果から言うと、いろんな意味でペットも良いですね。
個人的には、私はあまり乗り気ではありませんでした。
3年程前から子供達が欲しがっていましたが、
本人達が面倒をキチンとみれるまで待たせました。
命の大切さと、ペットの為に自分の事をある程度犠牲にする。我慢する!
という事を娘達に学ばせるには良い機会だと思います。

ハムスターくらいからなら、さほど影響ありませんでしたが、
費用も掛かりますが、ワン君は、連泊する旅行などが減るかもですね。

こまっちゃん。

ありがとうございます。

デカイの釣れました!
という記事をいつも掲載できれば良いのですが
なかなかそういう訳にはいきませんi-229

何気に見たこの記事に感度してしまい、是非皆さんにも
この記事を読んで欲しいと思い投稿してしまいました。

ちょうどこの女の子ぐらいの歳の親になってるというのもあるんでしょうね~

やたらと景色の綺麗さにも感動するようになりましたi-179

GENさん、

目に浮かんじゃいます?i-229

感動での涙は脳が活性化されるそうで
身体に良いとか・・・i-278

おお!4月からワンちゃんが家族の仲間入りですか?
凄いですね~i-189

そうなんですよね~子供達の心の教育には
凄く良いと聞きます。羨ましいです!

それにしてもこの郵便局の方の粋な心使いには
頭が下がる思いですねi-179

おつかれさまです^^

いい話ですね~。

30超えると、涙腺弱くなりますよね。
きっと、若い頃のかっこつけてる部分が少なくなって、
素直に感情出せるようになってるんじゃないですかね?

うちも犬飼ってて、娘は4歳ですが、二人はライバル関係にあって、
かわいがるって事しないんですよね~。
いつも兄弟喧嘩のようになってて、オレと弟を思い出します^^;

でも、犬が悪いことをして、オレがしかりつけると、
娘は間に入って、犬を守ります^^
いい教育にはなってるんだと感じますよ。

子供が命を大切にする優しい心と、
死の悲しみを乗り越える強い心を持ってくれたらいいなと思ってます。

正直、飼う時は、死ぬ時の事は考えてませんでした。
そこだけを考えると、飼わなきゃ良かったと思ったりもしますが、
犬がくれる笑いは、飼ってなければ起きなかった笑いなんだとか、
抱いている時の、癒される感覚だとか、
人に与えてくれる事の方が多いと思いますので、
全く後悔はしてません^^

別れは悲しいですけどね。

おうざんさん、

ホント、涙腺弱くなります。

っておうざんさんのコメントで泣きそうになりましたよi-229

娘さんとワンちゃんの情景が目に浮かびます^^

ワンちゃんが残してくれる一つ一つの思い出や温もりが
娘さんの一生の宝物になっていくんでしょうね。

お互い、娘の節目節目で男泣きですね(笑)

No title

お久しぶりです。
最近は仕事が忙しくて、釣りに行けてませんでした^^;

この話、先日テレビで見ました。
私も3匹と暮らしている愛犬家ですので、メレディスちゃんの
気持ちが痛いくらいによくわかって、ウルっとしてしまいましたよ^^;


ペットが先に逝くのは、飼い主を心配させない為だと聞いた事があります。

http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

愛犬家の中では有名な詩ですが、きっとペットの死は永遠の別れでは
無いと思います。
いつかきっと会えると私は信じています^^


もしもお子さんがペットを欲しがったならば、これを一緒にご覧に
なられては如何でしょうか?
漫画ですので、お子さんにでも理解できる内容になってます。
私はこれを読んで泣いてしまいました^^;

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

りゅうさん、

りゅうさんは3匹ですか?
凄いですね~尊敬致します!

なるほど、決して永遠の別れという訳ではないのですね。

そして色々と情報ありがとうございますi-179

娘達にも見せてあげたいと思います!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。