スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレの神様。

今日、テレビで「トイレの神様」ってドラマやってましたね。

まあ、最近特に涙腺弱くなってる自分は号泣ですよ
ちょうど?嫁も子供達も早寝したんで
思う存分落涙できました

原作というか、原曲は植村花菜さんの
タイトルそのまま「トイレの神様」という唄です。

NHK紅白で唄ったことにより、かなり反響があったみたいですが
自分が初めてこの曲を聞いたのはフジテレビのとくダネでした。
その時はとんでもない衝撃を受けたのを覚えてます。



自分が特別おばあちゃん子だった訳ではないのですが
自分や嫁の母親と娘達の姿を見てるってのもあるんですかね~

それと自分がこの歳になっても健在でいてくれる
両親への感謝の気持ちってのも重なるんですね。


こういう曲聞くと無性に親孝行したくなります
っていつもしろよって感じですが




http://m.youtube.com/watch?gl=JP&guid=ON&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=zHNHuHYyWNc
携帯用URLです。


良い曲ですね

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←本日もポチッとありがとうございます

スポンサーサイト
コメント

涙もろい

まだ松の内ですので

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします(*^o^*)

もうタツさんたら
涙腺弱すぎですってば

「Mother」の時もそうでしたよね。

なんて私も同じですが

私「Mother」最終話を録画しわすれたので見てないんですよ!
最後どうなったんですか?

トイレの神様は見てませんが
不浄を取り払って下さる神様がいると教えられましたね。
トイレに限らず水周りというのは汚れやすく、汚したままでいると悪い物を引き寄せると。神様は不浄をとても嫌うから、いつも綺麗にしないとダメだと教えられましたよ。

私はものすごくおばあちゃん子だったのでドラマ以前に歌を聞けません。
泣くからです

子供
特に娘への躾というのは父親の影響が大きいと思います。
幸田文さんが父親の幸田露伴に教わった数々の事を綴った本があります。

父親のしつけは娘に贈る「一生もの」です
母親とは全く違う視点からの躾なんですね

「幸田文しつけ帖」

オススメです

こんなに長いと相方に怒られますな

すみません(ToT)

甘栗さん、

こんな酔っぱらいの戯言?記事に
コメントありがとうございますi-179

ドラマ「Mother」はヤバかったですね。
最終回は結局ツグミとナオは別れてしまいます。
20歳になったら読んでという手紙をナオが渡して。。。

しかし自分は最終回一話前のツグミが涙しながら
「お母さん、いつ来るの?・・・もう一回誘拐して」
というシーンが一番ヤバかったですi-241

水まわりの話、参考にさせてもらいます!
やっぱり釣り場も綺麗に。。。i-229

おばあちゃん子だったらかなりキツイかもしれませんねi-230
でも思いっきり泣くと最高のストレス解消になると聞いたことも…

「父親のしつけは娘に贈る「一生もの」です
母親とは全く違う視点からの躾なんですね」

この言葉心にシミます!本当にありがとうございます!
「幸田文しつけ帖」
機会あったら是非読んでみたいですね~

これからの父娘関係に役立てたいと思いますi-236

ばぁちゃん子

ばぁちゃん子、というか祖父母っ子だった私。

弟が生まれたとき、自宅に両親が居ない時間に目が覚めたのか、近所の祖父母の家の玄関先で枕を抱えて泣いていたそうです。

祖父は既に他界し、祖母もまたこの正月は入院しています。
この時期の帰省は、除雪のために有った様な感じですが、今年は雪も少ないので毎日病院へ会いに行ってました。
昔、私が大怪我をした時には付き添いで病室に泊ってくれた、ばぁちゃん。

数年前に温泉旅行へ連れ出しましたが、足が不自由になりそれも出来なくなりました。
ばぁちゃんは、孫が子供を連れて帰ってくるのが嬉しいのか、笑顔で応えてくれました。

いやぁ、親になって初めて叔父や叔母、祖父母、親の想いが分かるんですね。
元気な顔を見せるのが一番だと、自分に言い訳してます。

湿っぽくてスミマセンでした(_0_)

雄悠友さん、

祖父母っ子だったんですか~

弟さんが生まれたときのお話、
なんだか目に浮かぶようですi-228

おばあちゃんのお話。。。
皆さんそれぞれ物語りがありますよね、
湿っぽいだなんてとんでもございません。
大切な思い出話を私の記事にコメントしていただき
ありがとうございます!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。